Archive of STARTO





志賀泰伸

 


志賀 泰伸(しが やすのぶ、1968年8月3日 - )はジャニーズ事務所に所属していたアイドルグループ「忍者」の元メンバー。 神奈川県横浜市港北区樽町出身。 血液型:O型。 愛称:志賀ちゃん。
兄弟は1歳下に妹が一人で、元グラビアアイドル、歌手の川村愛(かわむら あい。本名&旧芸名:志賀ゆき子)。




所属事務所

  1. ジャニーズ事務所 (1984年 - 1994年夏)
  2. 天クリエイト (1994年)
  3. グランクリュ・コンサルティング (先に所属していた古川栄司のつてで1995年に所属)
  4. パン・プランニング
  5. ??
  6. スパイス (2000年一杯で退所)
  7. (フリー)


ジャニーズ時代の参加ユニット



学歴

  1. 横浜市立大曽根小学校
  2. 日本大学中学校
  3. 日本大学高等学校 (通称:日大日吉、日大横浜学園。転出)
  4. 東京都立日比谷高等学校・定時制 (中退)


来歴

  • 祖父の代から建築金物店を営む家庭に生まれる。

  • 田原俊彦に憧れて中学2年の終わりの冬にジャニーズ事務所に履歴書を送った結果、約1年後の1984年春(中学3年と高校1年の間の春休み)にジャニー喜多川から直接電話を貰い、特待生としてジャニーズ事務所に入所。 同期生は高橋一也 (後の高橋和也)。 ジャニー喜多川から非常に気に入られており、入所して2回目のレッスンの後に早くもジャニーからの性加害に遭う。

  • 1985年、「忍者」の前身である「少年忍者」のメンバーになり、少年隊などのバックダンサーを務める。

  • 1990年8月22日、「忍者」としてCDデビュー。

  • 1993年から交際していた9歳年上の女性が1994年に妊娠したため、同年7月に事務所の副社長・メリー喜多川に事情を正直に打ち明け、「結婚したい。ファンや関係者にきちんと説明したいので記者会見を設けて欲しい」と訴えた。 しかし1ヶ月後にメリーから事務所に呼び出され、「もう忍者のメンバーじゃなくていいから。ジャニーズとの契約はこれで解除します」と告げられ、一方的に解雇された。 同じく忍者のメンバーだった古川栄司も、諸問題に巻き込まれて同時期にメリーから解雇された。 なお、結婚後に妻は男児を出産したが、後に離婚。

  • ジャニーズを退所後は、俳優としてVシネマや舞台に出演した他、「グランクリュ・コンサルティング」所属時代には後述のバンドグループ「D-run (デュラン)」も1995年に結成。

  • 『週刊文春』(2023年6月1日号)にて、ジャニー喜多川から肛門性交まで強いられる程、30〜40回に渡って性的被害に遭っていたことを顔出しで告発。 被害のせいで摂食障害になり体重が42kgにまで落ち込んだり、その後も心的外傷後ストレス障害によるフラッシュバックに悩み続け、2023年時でもまだ心療内科に通院する場合があることを明かした。 [1][2]

  • 2023年5月26日、志賀、橋田康、岡本カウアン、二本樹顕理の4名が発起人となり、オンライン署名サイト「Change.org」にて、「ジャニーズ性加害問題「#児童虐待防止法改正」を求めます!」と題した署名活動を開始。[1]
      求めた改正点は以下の2点。
      @、日本の現法では児童虐待の主体が“保護者”に限定されているが、アメリカやイギリスなどでは児童虐待を保護者に限らず“他者”からの人権侵害行為と広く定義している。 そのため、日本でも虐待の主体を保護者だけではなく、経済的あるいは社会的影響力のある第三者(教師やコーチ、芸能事務所幹部など)に拡大する。
      A、地位を利用した第三者による虐待を見聞きした人に対し、警察への通報を義務化する。
    同年6月5日、遠方に住む志賀を除いた、橋田・カウアン・二本樹の3名が国会にて3万9,326筆の署名を与野党の6党(自由民主党、公明党、立憲民主党、日本維新の会、国民民主党、日本共産党)の担当者に手渡しで提出した。

  • 同年7月9日(性加害者・ジャニー喜多川の命日)に決起された「ジャニーズ性加害問題当事者の会 (Johnny's Sexual Assault Victims Association)」(略称:JSAVA)に加入。

  • 同年7月25日付の朝日新聞DIGITALのインタビューに応える。 ジャニーズ時代は体重が42kgにまで落ちたことで点滴を打ちながら仕事をしていたことや、ジャニーの性行為によって自分が汚れてしまったという罪悪感を持ち、ファンに囲まれても心の底から喜べなかった思い、ジャニーズ時代から鬱、不眠、過呼吸などに悩んで精神科に通っていたこと、ジャニー喜多川と似た年格好の男性を見かけると恐怖を感じたり、ジャニーの性加害現場である合宿所があった原宿の街がテレビに映っただけでも当時の光景がよみがえり、強い恐怖心と不安に襲われることなどを打ち明けた。[1]

  • 同年7月28日、「ジャニーズ性加害問題当事者の会」のメンバーの内、3名(平本、志賀、二本樹)が大阪市内にて国連人権理事会のヒアリングを一緒に受ける。

  • 同年8月4日17時、「ジャニーズ性加害問題当事者の会」の記者会見が日本記者クラブで行われる。 [1][2][3][4][5][6]

  • 同年9月14日発売の『週刊文春』(同年9月21日号)の取材に応え、先輩の東山紀之から受けていた数々のパワハラ被害を告発。[1]
      「コンサートの夜、東山さんにホテルで“マッサージしろ。俺がいいって言うまでな”と、指が痛くなるまでさせられました。 こっちもバックで踊って疲れているのに。 終わっても、“ありがとう”も無しです。 体調が悪くても酒を強要されることもあったし、外車を自慢されて、ホイール掃除をさせられたこともあります。はっきり言って尊敬できる先輩ではありませんでしたね」

  • 同年10月4日、「ジャニーズ性加害問題当事者の会」から退会。 そしてジャニーによる性被害者救済のための新たな組織を立ち上げることを10月5日未明にYouTube Liveにて表明。[1]

  • 同年10月18日、NHK局内のトイレでジャニー喜多川からの性加害に遭った男性の証言を受け、志賀もジャニーズ入所後一ヶ月以内にテレビ朝日局内のレッスン場のトイレでジャニーからの性加害に遭ったことを証言。 [1][2][3][4][5][6][7]

  • 同年10月23日、Xアカウント開設。[1]

  • 同年11月4日、一部の心無い人からの誹謗中傷に対し、刑事告訴に動く。[1]


人物

  • 視力が0.01。

  • 初恋は小学6年の時。

  • 幼い頃よく女の子に間違えられていた。

  • 小学校にあがって間もなく親の勧めで剣道を始め、小学校4年生の時の大会で優勝した。

  • 大雑把でおとなしい性格だが髪型にやたらこだわっていた。

  • 普段はおとなしいが、遊ぶ時はよくはしゃいでいた。

  • 「10年後も忍者でいたい」と、1992年のコンサートビデオで語っている。

  • 忍者時代はよく、郷ひろみ(若人あきら)にそっくりだと言われていた。

  • 忍者の中では一番の酒豪だった。ただし酔って帰ると、服を着たままでシャワーを浴びたり湯船に浸かったりする癖があった。

  • 小学校生の時に剣道の大会で日本一になった。

  • 忍者時代に、メンバーの遠藤直人から「メンバーの中で志賀の声質が一番好き」と言われたが、「志賀は自分でその良さを分かってない」とも言われた。

  • 忍者時代、撮影などの時にいつもメイクさんに髪を切って貰っていたので、メンバーの高木延秀から「散髪しに行く金もないほど貧乏なのか?」と思われていた。 本人曰く、「髪がよく伸びるので、その都度散髪に行っている暇がない」とのこと。

  • デビューしてから約2年間で、体重を10s増やした。(デビュー当時の体重が42sと痩せ過ぎであったため)

  • 小、中学校まではとても勉強好きで成績も良かった。

  • 忍者時代、ラジオ番組内で「忍者のここだけは嫌」というのをファンに投稿してもらうコーナーがあり、その際に志賀は「ぼそぼそ喋っててジジくさい」と言われた。

  • 隣町に住んでいた香取慎吾がジャニーズ事務所に入所した際に、志賀の実家に挨拶をしに訪れている。 その時志賀は不在だったが、志賀の母親が応対した。

  • 1歳下の妹は、元グラビアアイドル、歌手の川村愛(かわむら あい。本名&旧芸名:志賀ゆき子)。 1969年12月1日生まれ。横浜市出身。血液型:O型。 身長:156cm、体重:38kg、B:79cm、W:56cm、H:82cm (全てデビュー当時のサイズ)。 趣味:ショッピング、映画鑑賞。 特技:ピアノ、床体操。 好きな食べ物:果物、ハンバーグ。 好きな色:ピンク、青。 好きな教科:社会、音楽。 好きな音楽:ニューミュージック。 好きなアーティスト:坂本龍一、松任谷由実。 好きな女優:薬師丸ひろ子。
         
    1985年3月、中学3年生の時、学校帰りに自由が丘駅でスカウトされ、六本木にあった「ASIAプロモーション」に所属。 本名名義でCMデビューした後、「川村愛」の芸名で歌手デビューし、シングルを3枚リリースした。 芸名の由来は、デビューシングル『LOVE・・・見つめてください』を編曲した川村栄二から。 レコードデビュー時のキャッチフレーズは、「LOVE 中毒 しちゃうぞ ! !」。
      シングルレコード
      1. LOVE・・・見つめてください c/w 気づいてMY HEART (1985年11月1日)
          ピンナップ付。 B面曲はフェアリーズの1978年11月のシングル『バック・ミラー』の歌詞違いカバー。
      2. PRISONER c/w ときめき通信 (1986年6月21日。A面曲の作・編曲:長沢ヒロ)
          A面曲はメナード「ミルキィフェイス」のCMソング。 正規発売分のジャケットは通常のピラジャケ1枚なのに対し、事前に出回った非売品プロモのジャケットの方が、3面見開き仕様で豪華な作りとなっている。
      3. パッショナータ (熱情) c/w KEIKOの恋人 (1987年1月25日)
      バラエティ番組
      • スーパーJOCKEY (1986年、日本テレビ) 『PRISONER』を披露
      テレビドラマ
      • 月曜ドラマランド 「月とスッポン」 (1986年9月8日、フジテレビ。1991年5月24日にビデオ化)
      C M
      • ロッテ 「イタリアーノ」 (1985年5月 - 、志賀ゆき子名義)
      • カンコー学生服
      • メナード 「ミルキィフェイス」
      ステージ
      • 十数校の大学の学園祭に出演 (1985年11月2日 - 、立教大学、明治学院大学、他)
      雑 誌
      • Momoco (1985年8月号:志賀ゆき子名義、10月号:志賀ゆき子名義、1986年1月号、学習研究社)
      • ベストカメラ (1985年11月号、少年画報社)
      • 週刊プレイボーイ (1985年11月26日号、1986年8月19日号、集英社)
      • 週刊少年サンデー (1986年1月2・8日号、小学館)
      • ACTRESS (1986年1月号、リイド社)
      • オトメクラブ (1986年1月創刊号、白夜書房)
      • キングコング (1986年1月創刊号、白夜書房)
      • バラエティ (1986年1月号、角川書店)
      • 月刊DONDON (1986年1月号、日本ジャーネル出版) 「今月のニューアイドル」
      • THE SUGAR (1986年2月号、サン出版)
      • まんがプロ野球ニュース (1986年2月創刊号、日本文芸社) 表紙
      • 週刊大衆 (1986年4月7日号、双葉社) 表紙
      • Beppin (1986年5月号、英知出版)
      • VIDEO・X (1987年4月号、9月号、笠倉出版社) 9月号では表紙
      • 写真時代 (1987年5月号、白夜書房) 表紙
      • VIDEPAL (1987年6月号、フロム出版) 表紙
      • TELColleテレコレ (オレンジ出版) 同誌のイメージガールとしてレギュラー掲載
      • 他・・・


主な出演作品

報道番組

  • news23 (2023年8月4日、TBS) 「ジャニーズ性加害問題当事者の会」の特集 [1]
  • news zero (2023年8月4日、日本テレビ) 「ジャニーズ性加害問題当事者の会」の特集 [1]
  • 真相報道バンキシャ! (2023年8月6日、日本テレビ)[1]
  • 報道1930 (2023年10月2日、BS-TBS) スタジオ生出演 [1]
  • news23 (2023年10月2日、TBS) VTR出演 [1]

テレビドラマ

連続ドラマ

  • はぐれ刑事純情派 (11) (1998年5月20日、テレビ朝日)
      第11シリーズの第8話「ホスト殺し!手を隠す女」に、女を騙して殺されるホスト役でゲスト出演。 城島茂と共演。

単発ドラマ

  • 裸の大将 (74) 〜 オロチに巻かれてサア大変 (1995年7月2日、フジテレビ)
      益田競馬場の厩舎で働く歌手志望の角田行雄役。「益田市のビートルズ」と称される「万葉バンド」のメンバーでギター担当。
  • 警部補・坪内直哉 父と娘の事件簿 (1998年2月23日、TBS) 犯人・井川太一役

映画

  • 少年武道館 (1988年2月20日、東宝)
  • トイ・ソルジャー (1992年1月21日、松竹ホームビデオ)
      日本語吹替版ビデオにて声優出演。 T・E・ラッセルが演ずるヘンリー・“ハンク”・ガイルズ3世役。
  • 蛾狼の群れ (当初の仮タイトルは「強奪」。2000年10月28日、東映ビデオ) 水谷健太役

Vシネマ

  • バトル・チャレンジャー / 激走 (1993年5月14日)
  • ワイルドタッチU パチスロ大攻略 AREX編 (1999年8月21日) 準主演
  • ワイルドタッチV パチスロ大攻略 アステカ編 (1999年12月21日) 準主演
  • 新・銀鮫 〜六本木金融伝説〜 (2000年12月21日) 友情出演
  • 梁山泊 究極の攻略軍団 (2002年9月21日) 布川敏和と共演

ラジオ

  • 少年忍者のMidnight War (1989年4月16日 - 、文化放送)
  • 忍者、ナン者、モン者 ! ! (ABCラジオ)
  • 忍者の今夜もお祭り (文化放送)
  • 忍者のハート・ロック 三十分一本勝負 (文化放送)

舞台

  • 少年隊ミュージカル PLAYZONE (プレゾン)』シリーズ 
    1. PLAYZONE MYSTERY (1986年)
    2. PLAYZONE ’87 TIME・19 (1987年)
    3. PLAYZONE ’88 カプリッチョ −天使と悪魔の狂想曲− (1988年)
    4. PLAYZONE ’89 Again (1989年)
    5. PLAYZONE ’90 MASK (1990年)
  • 奇想天外万事良 (きそうてんがいばんじヨシ)
      (1997年10月18日 - 23日:東京厚生年金会館 大ホール、11月1日&2日:近鉄劇場)
  • ブルースな日々 あぁガス欠! (1998年7月14日 - 19日、新宿シアターサンモール)

イベント

  • Yasunobu Sigaプレミアムイベント
      2005年5月14日。 渋谷区円山町2-4 Dr.Jeekahn'sビル4F 「Partyroom @JEEKAHN'S」。 会費:1万円。 集客数:約30名。
  • バーベキュー大会 (ファンイベント。2005年夏)

WEB

  • yoshitsugu imai vibgyor (2015年9月24日、excite blog)[1]
      志賀がかつて組んでいたバンド「D-run」の元メンバー・今井芳継のブログ。 掲載されている近影は志賀の帰省時に「博多もつ鍋 やまや 新横浜店」にて撮影したもの。
  • メジャーデビューしたからこそ ジャニーズ元「忍者」男性が被害告白 (2023年7月25日付、朝日新聞DIGITAL)[1]
  • 元忍者・志賀泰伸氏 ジャニーズ性加害告発の代償=u殺されるんじゃないかと・・・」 (2023年7月29日、東スポWEB)[1]
  • 【元忍者 志賀泰伸さんインタビュー・緊急配信】いまジャニーズ事務所に求めたいこと/国連からの異例の批判を受け/メジャーデビュー経験者の訴え (2023年8月6日、YouTubeチャンネル「Arc Times」)[1]
  • 【メンバー限定 第2部】元忍者 志賀泰伸さんに聞く ジャニーズ事務所で実際にあったこと/ジャニー喜多川氏の性加害、メジャーデビュー、そして退所 (2023年8月6日、YouTubeチャンネル「Arc Times」)[1]
  • 【無料動画】ジャニー喜多川性加害「元ジュニア座談会」志賀泰伸(元忍者)×カウアン・オカモト×橋田康 (2023年8月9日、YouTube「週刊文春&文春オンライン」公式チャンネル)[1]
  • 9/7 19:35〜・緊急ライブ配信【ジャニーズ事務所会見、具体性なく甘すぎる内容を、志賀泰伸さんと緊急読み解き】 (2023年9月7日、YouTubeチャンネル「Arc Times」)[1]
  • 9/7 20:15〜 メンバー限定・第2部【ジャニーズ事務所会見の裏側を語る/本音ベースで感じたこと ゲスト・志賀泰伸さん】 (2023年9月7日、YouTubeチャンネル「Arc Times」)[1]
  • 会見で見せたジュリー氏の「涙」は本物だったのか 知人たちが語る「女帝の娘」の素顔 (2023年9月8日付、AERA dot.)[1]
  • 【元忍者・志賀泰伸さん/命削っているのは私たち・東山紀之氏の言葉、「上っ面」だけ(司会・尾形×望月) (2023年9月7日配信分からの抜粋動画、YouTubeチャンネル「Arc Times」)[1]
  • 10/2 23:25〜 ○ The News ● 新会社設立も中身明かさず ジャニーズ会見、説明責任は?東山氏の説明、名称変更どうなる?【志賀泰伸、望月衣塑子、尾形聡彦】 (2023年10月2日、YouTubeチャンネル「Arc Times」)[1]
  • 【メンバー限定 第2部】10/2 23:45〜 ○ The News ● ジャニーズ会見、保身の裏側 当事者はどう見たか【志賀泰伸、望月衣塑子、尾形聡彦】 (2023年10月2日、YouTubeチャンネル「Arc Times」)[1]
  • 10/5 01:20〜 超緊急ライブ【志賀泰伸さん・元忍者】私は、当事者の会から脱退します/新たな組織立ち上げに動く理由 (2023年10月5日、YouTubeチャンネル「Arc Times」)[1]
  • マイコーりょう - X (2023年10月7日)[1]
  • 10/18 19:30〜 緊急プレミア配信【志賀泰伸さん・独占インタビュー】テレ朝の局内で、ジャニー氏が.../問われるテレ朝の「安全配慮義務」 (2023年10月18日、YouTubeチャンネル「Arc Times」) リモート出演 [1]
  • 10/18 20:30〜 メンバー限定第2部 プレミア配信【志賀泰伸さん・独占インタビュー】テレ朝にいま求めたいこと/上場テレビ局の重い責任 (2023年10月18日、YouTubeチャンネル「Arc Times」) リモート出演 [1]
  • ジャニーズ性被害「当事者の会」の内部で今何が起こっているのか 脱退メンバーと会代表“それぞれの言い分” (2023年10月21日、AERA dot.)[1]
  • 【前編】元忍者 志賀泰伸/マッチ、トシちゃん住む合宿所で地獄の・・・/22歳でデビューもトラウマに苛まれ・・・ (2023年10月27日、YouTubeチャンネル「街録ch 〜あなたの人生、教えて下さい〜」) [1][2][3][4]
  • 【後編】元忍者 志賀泰伸/デビュー後彼女が妊娠/デキ婚決意もメリー激怒/即クビになり精神崩壊寸前で告発 (2023年11月3日、YouTubeチャンネル「街録ch 〜あなたの人生、教えて下さい〜」) [1][2][3]


新聞、雑誌

  • 週刊文春 (2023年6月1日号、文藝春秋)[1][2]
  • 週刊文春 (2023年7月6日号、文藝春秋)[1]
  • 朝日新聞 朝刊 (2023年7月27日付。朝日新聞DIGITALでの記事の短縮版)
  • 東京新聞 (2023年8月10日付)[1]
  • 週刊文春 (2023年8月17・24日特大号、文藝春秋)[1][2]
  • 週刊文春 (2023年9月21日号、文藝春秋)[1]
  • 週刊現代 (2023年9月23日号、講談社)[1]
  • 東京新聞 (2023年10月18日付)[1]
  • 他多数・・・


D-run

デュラン。 1995年に結成された3人編成のバンドで、下北沢や恵比寿のライブハウスで活動していた。
バンド名は志賀が考案。「Dream-run」の略で、「夢に向かって走る」という意味。 メンバーの事務所移籍などにより解散。

メンバー
  • 志賀泰伸 (ボーカル、リーダー、最年長)
  • 今井芳継 (ギター、「Cygnuss」の元メンバー。[1][2]
  • かりちゃん (キーボード、音楽大学出身者)


外部リンク








出典:フリー百科事典『ウィキペディア (Wikipedia)』より改訂
Text is available under


We welcome links from other websites.
Copyright of my site's all original sentences © Archive of STARTO. No rights reserved.

inserted by FC2 system